あさみちのペ−ジ

旧ブログです。
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
自転車一人旅5日目 地図がない・・・
朝9時半出発。早朝に出発した方が距離はかせげるかもしれないが
長旅のことを考えればたっぷり寝た方がいいと判断した。
付近のコンビニで野菜ジュースとおにぎり(梅)を買って朝食。
国道250号線をひたすら西へ。
雨がまたぽつぽつと降ってきてテンションが下がるがそこまで強い雨では
なかったのでカッパは着ずにそのまま走行。
福浦峠を越え岡山県に入る。

ツーリングマップには備前ICから片上大橋を渡る岡山ブルーラインのところに
「心洗われる眺望」と書いてあったのでワクワクしていたがやはり
予想はしてたけど残念なことに自動車専用道だった。バイクツーリング用の
マップだからしかたない・・・。
くやしいから片山大橋の側道で橋の手前ギリギリの行き止まりまで行く。

心洗われる眺望らしきところの一端を見ようとするがやはり洗われなかった。

片上大橋を渡ることを諦め国道250号線を再び西へ、そのうち国道2号線
と合流。
13時頃モスバーガーで昼食。せっかくだから名物を食べようと思いつつも
財布の中身と相談したり、それっぽい店を探すという労力のことを考えると
まぁいいか・・・とチェーン店に入ってしまうということは多かった。
吉井川にさしかかる手前でJR赤穂線沿って県道69号線に入り南西へ。
県道223号224号37号215号45号線といろいろ乗り換えくねくねと
南西方向へどんどん進む。そして県道45号線の児島湾大橋にたどり着く。
カーブが美しい橋。


それから遠回りになると思いながらも海沿いを行きたいと考え、橋を渡りきったら
グルっと右に右にカーブして橋の下をくぐり児島湾と播磨灘沿いを通る県道74号
線のルートを選ぶ。
山の中を通ったり

海に手が届きそうなところを通ったり

このルートは楽しかった。
そこから県道22号線に乗り換え宇野港へ。フェリーで四国へ入ろうという計画。
フェリー乗り場の待合室で地図を広げ明日からのルートを考える。
自転車を乗せて700円。


船上で観光客らしき外国人の老夫婦に声を掛けられた。簡単な英会話をした。
この船は直島(なおしま)へ行くのか?と聞かれたがこの船は高松行き。
乗る船を間違えたらしい。見知らぬ土地で行き先の間違った船に乗ってしまったら
さぞかし心細いと思う。高松に着いたらまた戻る船に乗ればいいと言ってやれば
よかったのだがこの時間にその便があるのかどうか自信がなかったのでクルー
(crew)に聞いてくれとしか言えなかった。どうなったのかな・・・。

そして高松に到着して、さて宿を探すかという時に地図がない!!
さっきまで外国人夫婦の心配をしていたのに今度は自分が心細くなった。
冷静に考えれば高松でまた買えばいい話だが、何か大きなものを失った気がして
気が動転した。
宇野港の待合室で明日のルートを考えている時に忘れてきたに違いない。
高松港の切符売り場のおじさんに聞いてみると宇野港へ電話してくれた。
やはり地図は宇野港に忘れてきたらしい。次の便で運んできてくれるとのこと。
安心した。
その地図にはいろいろルートとかを書き込んでいて愛着がわいていた。
愛着があるなら忘れてくるなと言いたいが忘れてしまったんだからしょうがない。
地図が到着するまでの間に高松港をぶらぶら。赤い灯台があった。

ここで以前香川でうどんめぐりをしたという高校の同級生なべちゃんに電話。
特においしかったという、うどん屋&製麺所の情報を手に入れる。
1時間半後、丁寧に袋につつまれた地図を船員さんから受け取る。
四国フェリーさんお騒がせしました、どうもありがとうございます!!
とりあえずラーメンを食べる。うどんは明日のお楽しみに。
高松市内で適当に安いビジネスホテルを探してこの日は就寝。
あぁいろいろ盛りだくさんの一日だった。
| 自転車一人旅 | 23:59 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする