あさみちのペ−ジ

旧ブログです。
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
自転車一人旅2日目 道を間違える
5時半起床。これ以上は寝られないと思った。たまに車がやってきては起こされた。
ずっとうっすら起きていたような気もする。あまり眠れていない。
もちろん疲れもとれていない。初めての野宿体験だったが寝袋を使っての野宿は
やめようと思った。とりあえず先に進むことにした。
午前6時、滋賀県甲賀市土山を出発。天気は曇り、しかし暑い。
9時半琵琶湖南岸に到着。複数人乗りのボートを練習する若者がたくさんいた。

県境は川か山の頂上が多い。滋賀県から京都府に入るための山越えでは水分を
切らしてしまって非常にキツかった。この日は何度ペットボトルを買ったか
覚えていない。マメに水分補給をしていないと気を失いそうだった。
12時、京都府清水寺に到着。清水寺前の交差点ではタクシーがやたらに
クラクションを鳴らすので恐かった。自分に鳴らされているわけではないのだが
鳴らされた人鳴らした人双方のイライラした感じを見ているとなんだか落ち込んでくる。
知らないおじさんに話しかけられた。おじさんは自転車が好きでいろんなところに旅行に
行くそうだ。僕が名古屋から来たと言うと「5時間くらいで着いたか?」と聞かれたが
15時間くらいかかっているというのはなんだか恥ずかしくて言えなくてごまかした。
おじさんの持ってるその立派な自転車なら可能なのかもしれないけれど・・・。
清水寺見てきました。坂と階段が多くて辛かった。立ち寄る観光スポットも足に
負担がかからないようなところじゃないとダメだなと痛感。

13時吉野家で昼食。
15時頃、左ヒザに明らかな違和感。だんだん痛みが激しくなる。
16時大阪に入る。
ここで国道1号線から2号線に移り神戸を目指す。
しかし実際移ったのは国道2号線ではなく府道2号線だった。
神戸に着くことを目標にして激しいヒザの痛みに耐えてひたすらペダルをこいで
きたのに間違いに気づいた時は相当なショックだった。西へ向かうはずが北へ・・・
気付いたのは万博記念公園に着いた時。力尽きそうにだった。
知らない土地で道に迷うと本当に泣きそうになる。
肩のために処方してもらった痛み止めはこの日からほとんど足のために使っていた。
ここで痛み止めを飲んでなんとか宿のありそうなところまでがんばることにた。
大阪府豊中市、兵庫県伊丹市を抜け西宮市までたどり着いて本当に力尽きた。
21時過ぎ、西宮駅の交番で近くの旅館を教えてもらう。
しかしその旅館はいっぱいだったので旅館の人に近くのビジネスホテルを教えて
もらい結局西宮駅の隣の今津駅で宿が見つかる。
足の痛みからオーバーペースを感じ翌日の移動は控えめにしようと思った。
普通の歩行ですら困難でヒザが曲げられずに階段は1段2歩ずつ手すりにつかまりながら
なんとか登れるといった感じで、こんな調子で旅が続けられるのか非常に不安になった。
鏡を見ると目が真っ赤だ。目も日に焼けてしまったらしい・・・
| 自転車一人旅 | 23:59 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
自転車一人旅1日目 旅立ちの日
前々から友達に「自転車で旅行するんだよ。」と宣言していたけれど自分の中では
出発予定日が近づいても現実感がなかった。
寝袋を借りたり雨具を買ったり自転車を整備に出したりして少しずつ準備はしていた。
しかしルートもペースも宿のことも何も考えず出発の日を迎えてしまった。
前日は夜中まで演奏していたこともあって起きたのは昼。
とりあえず近所の本屋に地図を買いに行く。
「ツーリングマップル5 関西」というバイクツーリング向けの地図を買った。
地図のサイズも適当で観光スポットや宿の情報も多く後々非常に助かった。
家に戻りうだうだと準備をしているとあっという間に時間は過ぎ16時、
リュックサックにはほとんど衣類を詰め込みなんとか踏ん切りをつけて出発。
荷物はリュックサックと寝袋だけだったが、肩の負傷について「重い物を持つな」と
前日に病院で言われて痛み止めの薬と湿布薬を渡されているような状態だったので
背負わずにすべて自転車の前のカゴに入れた。
ちなみに自転車はずいぶん前に従兄弟にもらったもので1993年製。
ロードサイクルとかマウンテンバイクとかではなく「軽・普・速」の3段変速のみの
ごく普通の街乗り用。これで本当に大丈夫なんだろうかと不安はあった。

ルートを考えるのが面倒臭くてとりあえず1号線で行くことにした。
愛知県知多市を16時に出発して、17時半名古屋市で1号線に乗る。
すぐに暗くなってきてしまったが月明かりが強い日だった。
19時半木曽川を渡ると長島スパーランドが見えた。もう三重県なんだなと思った。
21時四日市市で餃子の王将で食事&休憩。
日付が変わる頃に亀山市に到着。初日はとにかく行けるところまで行きたいという
思っていたのでさらに進む。
夜中1時くらいに鈴鹿峠を越えようとしていたが自転車の数十センチのすぐ脇を
大型トラックがびゅんびゅん通っていって本当に恐かった。特にキャリアカーは
横幅が広いので後ろから近づいてくると自転車を停めて通過するのを待つしかなかった。
どう考えてもこんな時間に自転車に乗っている僕が悪い。道と時間帯の選択ミス。
暗いし坂はきついしトラックは恐いし非常に心細かったが鈴鹿トンネルを抜け
ようやく下り坂となった時はうれしかった。ここで滋賀県に入る。

午前2時近く、道の駅「あいの土山」に到着。もちろんすべての施設は閉まって
いるので軒下の床に寝袋を敷いて寝た。野外トイレにカエルがいた。
| 自転車一人旅 | 23:59 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP